2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ドッツァウアー113の練習曲より第1番 | トップページ

2016年7月20日 (水)

ドッツァウアー113の練習曲より第二番

続きましてドッツァウアーの第二番です。
楽譜はこちら
Doz21
Doz22
で、演奏してみました。
発音がもうひとつ汚いですね・・・。(泣)

この曲の狙いは連綿としたスタッカートにあるわけですが、
それ以外に

「三拍子を大きく一小節で捉えるか、固めに3つで捉えるかによる推進力の違い」
を意識することがあると思います。

例えば最初の方、「1,2,3 1~2~3」
という単位で拍を捉えてみると面白いです。
「テッテッテッテッテッテッ  テレテッテッテッテッ」
→→→→→→→→→→  円運動
みたいな具合です。

この二種類の三拍子の捉え方を音型に従って上手く配置することで、
音楽がどのような方向へ向かっていきたいのかが、
演奏していてよく感じられるようになります。

あと、一回目の終止を迎えるところの最後の4小節に注目で、
ここのフレーズ感は、いわゆるヘミオラで処理するのがベターです。
ヘミオラはwikipedhia参照ですが、
わかりやすくいえば3/4の二小節分を、3/2として捉えることです。

「1,2,3、1,2,3」


「1 トォ 2 トォ 3 トォ」

と、とることです。
この、最後の四小節を、大きい二小節の三拍子ととることで、
二分音符の処理に困らずにすみます。

同様に最後から二段目三小節目から、二段目最後の小節までもヘミオラで拍をとるのがよいでしょう。

ヘミオラはバロックのメヌエットなどによく出てくる形ですが、拍を大きく捉えることで優雅な感じを出したり、あるいは

「1,2,3」が
「1,2、1,2」

と、切迫することになるので、緊張感を演出する場合にも使います。
これはやりようによって随分変わります。

この曲の場合は優雅さというよりは、若干の切迫感があった方が性質としては合っている気がします。

3拍子でも、色々な拍の捉え方があり、それによって音楽の推進力、方向性が変わってきます。
スタッカートと左手に躍起にならず、そういった点も気にしながら演奏できると、わりと楽しい練習曲です。
↓ブログ村に参加しました。よろしければクリックお願い致します。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« ドッツァウアー113の練習曲より第1番 | トップページ

ドッツァウアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530307/63943535

この記事へのトラックバック一覧です: ドッツァウアー113の練習曲より第二番:

« ドッツァウアー113の練習曲より第1番 | トップページ